アルガンオイルでうっとり美髪をゲット~効果抜群ヘアケア術~

カールの注意点と人気

女性

温度設定とアイロンの太さ

髪にカールをつけたりストレートにしたりする時に、ヘアアイロンを使用します。最近、一般の方向けのヘアアイロンも温度がサロン使用の物とと同じくらいになり、200度を超えてきています。当然、温度が高いほうがカールがつきやすく長持ちしやすいです。ヘアアイロンを使い慣れている人であれば、温度を200度以上にして使用してもいいですが、まだ使い慣れていない人は150度前後から始めたほうが安全です。そのくらいの温度でも十分カールはつきます。慣れてきたら徐々に温度を上げていくようにすれば心配がありません。カールをつけるヘアアイロンは太さの種類があります。もちろん細いタイプのものはきつめのカールがつき、太いものはゆるいカールがつきます。求めているカールに合わせるのが一番いいですが、26ミリの細めのヘアアイロンが一番使い勝手がいいです。つけたカールを1日もたせようとしても難しいので、はじめから細めできつめのカールを作っておけば、多少カールがとれてもカールは残っているため巻き直す必要がありません。

ストレート用でカール

カールをつける時は丸い形のヘアアイロンを使い、ストレートに伸ばすときにはストレート用の平らなヘアアイロンを使うことが常識でした。しかし、最近ストレート用のヘアアイロンでカールを作ることがブームになっています。使い方はストレート用で髪を挟み、波を描くようにアイロンをかけていきます。少しルーズなカールを作ることができ、そのまま下ろしたスタイルでも、そのカールを活かしたアップスタイルでも可愛く仕上がります。前髪を少しカールさせたいときも、ストレート用が使いやすいです。ですから、これからはストレート用のヘアアイロンのバリエーションがどんどん増えていき、今まで以上に使いやすいものが出てくるでしょうし、ヘアアイロンの主流がストレート用に変わっていくかもしれません。